プリズンブレイクシーズン4がアメリカでは上映中

399円ブラジャー&ショーツセット
3/4カップブラ&ショーツセット激安ブラセットの決定版

ウェントワース・ミラー主演の米ドラマ「プリズンブレイク」のシーズン4がアメリカでは既に放送されています。 シーズン4では、カンパニー殲滅を目論む男、ドン・セルフがマイケルに接触を図ります。彼は刑期の免除を代償として、マイケルに「スキュラ」と呼ばれるデータカードの奪還を求めまずが、あまりのリスクの高さに要求を拒むマイケルだったが、その裏でカンパニーは再び彼の命を狙い動き出しています。 YOUTUBEではシーズン4の第6話まで紹介していますが、この先が気になりますね。YouTubeではシーズン4の予告編が配信されていますが、予告編を見てしまうとやはり本編を見たくなってしまいますね。

プリズンブレイクとは

「プリズン・ブレイク」は、無実の罪をきせられ死刑を宣告させられた兄を救うため、全てをなげうって奮闘する弟を軸に物語が展開する大ヒットドラマです。 全米脚本家協会ストライキの影響で13話しか放送されなかったシーズン3はちょっと欲求不満になってしまいましたが、これから日本にも登場する予定のシーズン4を早く観たいところです。 プリズンブレイクにはシーズンごとにテーマがあります。 プリズンブレイクのシーズン1では、まさに策略と脱獄がテーマとなっています。そしてシーズン2は「逃亡と究明」がテーマ。途中で打ち切られたシーズン3は「信頼と駆け引き」がテーマになっています。 テーマというには当たり前すぎるものも含んでいますが、どのシーズンにも共通していえるもうひとつのテーマとして「救出」があります。 シーズン4にもそのテーマは根底として残っており、今回のテーマとしては協力と再生ということだそうですシーズン4がシリーズ最高のデキだと関係者が語っている理由は、協力と再生、そして救出というテーマが絡まりあって生まれた結果、出来上がったものが素晴らしかったからでしょう。

プリズンブレイクシーズン4

シーズン4のテーマは復讐だとされています。マイケルたちが、カンパニーという組織に対して反撃をするという内容になるといわれていました。確かにそうなのですが、単なる復讐ではなく、そこに再生というテーマもあることを頭においておくと、さらにシーズン4を楽しむことができるでしょう。 シーズン4では、今まで敵だった者たちが、ある組織の命令により協力をしあわなくてはならなくなります。しかしうわべだけの協力ではなく、心から「コイツなら信頼できる」と、いままで敵だった者に対して思えるほどの信頼度が、お互いに築かれます。「お前がいてくれてよかった」これは、今まで大きな敵だった者に対するマイケルのセリフです。敵だった者が味方になるところが今回の最大のテーマではないかと思います。。

スポンサードリンク